ご来店ありがとうございます。
店長のナースヒーロー西英雄です。


今回は、
「始めよう糖質制限、知っておこうGI値」
というテーマで書いていきます。


健康な肌や体を保ち
あなたの老化を予防する為には、


糖質を制限した食生活を
することがまず大切です。


そして、


今回はその具体的な方法を
お伝えしていきたいと思います。




糖質制限を行う上で、
控えていかなければならない食品。


具体的には、




白米や小麦粉製品や
砂糖などの真っ白なモノ。





当然、砂糖と小麦粉をたっぷり使った
お菓子類はAGEの発生量を増やします。


いかに体を糖化させない
食品を選んで食べるか



これが糖質制限では重要です。


重ねて言いますが、


白米、パン、うどん、ラーメン
などの白い食品は避けるべきです。


他には、


シュウマイや餃子、春巻きなどの
小麦粉や米粉で作った皮を使った料理も
糖質の過剰摂取につながります。


米粉とかは、
一見良さそうに思えますよね。


最近は米粉ドーナツなんて、
米粉を売りにしているお菓子も良く目にします。


しかし私の個人としては、
やはり米粉ドーナツも食べたくはありません笑


いかがでしょうか・・・


正直これだけでも
結構厳しい!!


私も好きな物ばかりです笑


もちろん私も全く食べない
というのは嘘になりますが、


やはり体のことを考えると、
できるだけ控えるようになりました。

糖質制限を始めたおかげで、
体の調子がとても良くなりました。

肌も綺麗になりましたし、
自然と痩せました。

体が軽くなり、元気UP。
活動量も増えて健康的な毎日です。



そんな、私が実際に効果を実感し
良いこと尽くめの糖質制限


あなたにも是非始めてもらえたらと
今このような記事を書いていますが、


そもそもなぜこれらの
食品が体の悪いのか?


これを知ると、あなたも
少し糖質制限をしてみようかな
と思えるかもしれません。


白米やパンなどの白い主食、
砂糖を使ったお菓子類は
糖質の過剰摂取につながります。


あなたが食事をして
糖質を摂取すると、
体内の血糖値が上昇します。


食事をすれば、当然
血糖値は上がるのですが、


血糖値が上昇するスピードも
気にしていく必要があります。


糖質制限では、もちろん
糖質を多く含む食品を
食べないことが一番理想的なのですが、



“血糖値の上昇する
スピードを緩やかにすること“





この考え方も、
とても重要です。


食品が血糖値を上昇させるスピードのことを、


GI値(グリセミック・インデックス)


と言います。


より詳細に説明しますと、

食品から摂った50gの炭水化物が、
血液の中に入るまでのスピードを
ブドウ糖の場合を100として比較した値。



GI値が高ければ高いほど、
血糖値を急激に上昇させます。


もちろんGI値が低ければ
血糖値の上昇は緩やかになるので、



GI値の低い食品を意識して選ぶことで
糖質制限を進めていくこともできるのです。





例えば精白米のGI値は81
それに比べて玄米は55です。


食パンが91なら、
ライ麦パンは58


このように、同じ類の食品でも
GI値の高い食品と低い食品があります



GI値の低い食品を選択する。


そうすることで、血糖値の上昇を
今までより緩やかにすることができます。


大量の糖質摂取と
血糖値の急上昇を抑えることで、


結果的にAGEの蓄積を
減らしていくことができるという訳です。



最初から完全にお米を食べないなんて無理!!





ごもっともな意見です。
私もそう思います。


無理をして頑張っても、
長続きすることは難しいです。


それは急激なダイエットと同じ様に
いつか反動が来ます。


私も初めはGI値が低い食品を学び、
食品を選択するところから始めました



なぜなら、



それならできたから。





ほんの少しの事ですが、
何か行動をする事が大切です。


0から1歩目は一番摩擦が生じます。
だから人は行動する事が出来ないのですが、


その1歩目のハードルを限りなく低くする。


そうすることで、
車輪は動き出します。


そして、一度動き始めた車輪は
どんどん次に向かって進んでいくことができるのです。


些細なことですが、
『これくらいならできそうかな・・・』
という事を始めてみることに大きな価値があります。


毎日1歩でも、
1週間後には7歩も進んでいます。


GI値の低い食品を選ぶ
ようにするところから始めて、


徐々に糖質制限を
進めていけばいいのです。


その効果は行動した人には
必ず実感していただけます


是非、どんな小さな1歩でもいいので
行動してみてください。


必ず結果はついてきます。


食品別GI値の一例を載せておきますので、
是非参考にしてみてください。
→食品別GI値リスト


ご来店ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。